etc.blog

自分で考える色々を書いてます。

客観なんて消えてなくなればいい。

 1つの問題を話して考えるなら、そこには当事者以外いないだろうに客観的になる必要性なんてないんじゃないのかな。

 独り善がりにならないためなら、相手の立場に立って考えればいいじゃない。わざわざ関わりのない第三者視点に立たなくてもいい。ていうか、両者の意見が対立している状態で、中立の第三者視点の考えができるはずもない。第三者が問題の解決に関わっている時点で、部外者ではなく当事者なんだから客観性は保証されない。

 それなのに、客観的っていう立場はやたらと優位性を得ているみたいで、物事を客観的に考えるのがベターな風潮がある気がしてる。

 どうせなら、客観なんて得体の知れないものに頼らないで主観で喋ればいいのに。相手の主観を想像してみればいいのに。だから、客観なんて消えてしまえばいい。