etc.blog

自分で考える色々を書いてます。

人は独りで生きられる。

 自分がどれだけ暗い場所にいるのか。しっかり理解しておいた方がいい。そうでないと、その明るさが誰かに与えられているものだということを忘れてしまいそうになる。

 人が独りでは生きていけないなんていうのは嘘だ。人は独りで苦労することはあっても、生きていけなくなるほどに繊細じゃない。きっと死の恐怖が、生き長らえさせてくれるだろう。人は独りで生きられる。

 それは嫌だ、っていうか、誰かと一緒にいたい。

 本当はそう思っているんだと思う。でも、捻くれて理屈を捏ねることを覚えてしまった人間は素直になるのが苦手なんだ。正直に話をしていると恥ずかしくなる。だから、理屈っぽく人は独りで云々と言い始めたのさ。

 人を求めるのは、弱く、惨めで、時に醜い。碌でもないことだね。それが事実だと思う。けれど、どうにも嫌いではないらしいんだ。