etc.blog

自分で考える色々を書いてます。

純粋はパフォーマンスとして成立していればそれでいい

 純粋を判断する基準てなんだろうね? って話。

 子どもが純粋な心を持っている。これはOK?

 では、嘘を吐く子どもは純粋な心を持っている。これはOK?

 たぶん、嘘を吐いたらアウトだろうね。言葉の問題になってきちゃうから先に前提を決めておくけど、今回は純粋とは何かとかが考えたいわけじゃないんだ。知るかよそんなことって感じ。

 言葉の意味を定義することとは別に、話を進めたいなら、何を持って純粋だと信じたい? って言い方が分かり易いかもしれない。

 そして、私が何を純粋だと思ったかを書きたいんだ。

 作品でありますよ。作品。今回は歌だったけどね。

 歌が純粋であるか。ラヴソングが純愛であるか。そんな感じ。

 そりゃ、不倫の歌だってあるだろうけど、そこに込められた気持ちってのは純粋でしょう? そろそろ言いたいことが伝わると思う。

 歌っている人間がどんな人か、なんて、あんまり関係ないんだ。一生懸命に(見えるパフォーマンスをして)純愛を歌っているなら、作品も歌手も純粋だなってことで良いじゃん。という話なのさ。

 少し飛躍があるような気もするけど、感覚的にはOK。パフォーマーって表現もできるから、表現者ってのはすごいよね。

 作家とかなら、覆面作家って方法もあるだろうけど、芸能人となると自分自身が作品化されていくから、得体がしれない。

 だから、あからさまにミスっちゃって不純が感じられるものは仕方ないけど、わざわざ見えないところまで疑って、パフォーマンスとして成立している純粋を壊すことはないんじゃないかなって思うの。

 こういうことを考えないで、純粋を信じられるって、自分が純粋であることを示すために抜群の効果があるパフォーマンスだね。結局受け手次第さ。